魔法貴族アルデハイム家で生まれた者は5歳のときに才能適性が鑑定される。
 魔法の才能が期待される中、長男のノアの才能は【翻訳】という魔法に一切関係のない才能だった。
 この一件からアルデハイム家は魔法の才能がないノアを蔑み、冷遇していた。
 しかし、ノアは【翻訳】の才能のおかげでアルデハイム家の隠し書庫を発見。
 隠し書庫には現代魔法とは比べものにならないほど強力な古代魔法が記された書物が蔵書されていた。
 ノアは一人で古代魔導書を読み漁り、沢山の古代魔法を身につけ──無自覚のうちに世界最強の魔法使いになっていた。
 そして成人したノアは実家を追い出され、昔から興味のあった冒険者になるのだった。
 これは【翻訳】の天才が世界中を旅して、古代魔法で周囲を驚かせながら無双してしまう物語である。

◆日間総合1位
◆週間総合1位

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

蒼乃白兎

キーワード
ブックマーク登録

16,045

文字数

44,190

評価pt

81,508

最終更新日

2021年06月18日 18時42分

掲載日

2021年06月03日 20時28分

この作家の更新小説