張金3あらすじ

張高ソフトボールに敗れたものの、廃部の危機は切り抜け、
おまけに有望新人である小暮双菜(こぐれふたな)も入部してくれた張金高校野球部。
これで野球者はそろったと思いきや、張高野球部には正式な監督が居ないという事が判明。
そして野球未経験の顧問の下積(しもづみ)タケル先生は、
ここ一週間程学校を休んでいるという。
キャプテンに様子を見て来いと指示を受けた昌也(まさや)は、
碇(いかり)とともにタケルの住むアパートを訪ねるのだが・・・・・・。

張金シリーズの第三段です。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

文芸

作家

椎家 友妻

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

80,916

評価pt

0

最終更新日

2021年06月07日 05時00分

掲載日

2021年06月04日 08時00分

この作家の更新小説