赤子の頃龍神族に拾われたユーリアは里で使用人として働いていた、高い魔力を持つ彼女は魔法使いとして龍神族の勇者と旅をして魔王を倒すという偉業を成し遂げた。
勇者と婚約していた彼女は彼に婚約を破棄するといわれてしまう。龍神族の王子がユーリアのことを番と認定し、王宮に召しあげると命令したのだ。
彼女は嫌だといったが命令は絶対だと無理やり王子の花嫁として監禁されてしまう。
王宮の女性たちに差別され見下され、王子の愛や番という言葉も信じられず絶望したユーリア。
勇者が王子の妹と結婚するという事を聞いて復讐することにしたのだが。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

1,534

評価pt

0

最終更新日

2021年06月08日 16時06分

掲載日

2021年06月08日 12時25分

この作家の更新小説