難癖としか言いようのない罪で、獣にされた美貌の女騎士『レオナ・アンゲラー』は、祖父の治める辺境の地で、人間関係には問題はあるが、ソコソコ平和に暮らしていた。

そこへ現れた年の離れた長兄はこう言った。

「お前の婚姻が決まった。 いや……息子が人様の婚約者を寝取ってしまった。 その罪を無い者にしたければ、オマエを差し出せと言われたのだ。 どうか頼む!! 息子のために嫁入りしてくれ』

あの……私、ユキヒョウですよ?


じゃれ合い程度のエロの場合☆マークが入ります。
濃厚、強引、乱暴なシーンの場合★マークが入ります。
回避の目安にしてください。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

迷い人

キーワード
ブックマーク登録

466

文字数

18,923

評価pt

77,507

最終更新日

2021年06月16日 14時35分

掲載日

2021年06月11日 18時38分

この作家の更新小説