張金5あらすじ

伊予美(いよみ)を正式に張高野球部のマネージャーとして迎え入れる事ができ、
俄然練習にも力が入る昌也。
しかしそんな中、顧問の下積(しもづみ)タケル先生から、衝撃の言葉が。
「我が張金高校は今年限りで廃校となり、
隣町の海泉(かいせん)高校に、統合される事になった」
おまけに張高が廃校になると、
学区の関係から昌也と伊予美は別々の高校になるらしい!
つまり伊予美をマネージャーとして甲子園に連れて行くには、
今年しかチャンスが無いと言う事!
いきなり絶体絶命の状況に陥った張高野球部。
しかし監督の遠川沙夜(とおかわさよ)はこの状況を乗り越えるべく、
命懸けともいえる山ごもりの特訓を行い、
奈良の超強豪、劉庵寺(りゅうあんじ)高校との練習試合をセッティングする。
いきなり背水の陣となった張高野球部の、
負けたら即最終回の戦いが始まろうとしていた!

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

文芸

作家

椎家 友妻

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

95,044

評価pt

0

最終更新日

2021年06月20日 16時00分

掲載日

2021年06月17日 07時00分

この作家の更新小説