小学五年生になった私、鈴木春は両親が離婚して家なき子になったことで、従姉妹で大学生の理沙ちゃんの家にお世話になっている。
理沙ちゃんは頭はいいけど、ちょっと駄目な子で手のかかるところがある。でも私には優しくて、大切なお友達で、家族で、大好き。でもさすがに、恋愛感情はなかったんだけど……いや、小学生で居候の私に告白するって、人としてどうなの? 悪い気はしないけどさぁ。
仕方ないから恋人ごっこをしてあげるけど……ん? いやいや、仮にも恋人なんだから、もっと私のこと見てくれなくちゃ駄目でしょ?
他サイトと同時投稿してます。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

川木

キーワード
ブックマーク登録

187

文字数

216,862

評価pt

900

最終更新日

2021年09月27日 10時00分

掲載日

2021年07月05日 10時00分

この作家の更新小説