(第三章まで完結)
伯爵家の娘である、リーシャは常に目の下に隈がある。
しかも、肌も髪もボロボロ身体もやせ細り、纏うドレスはそこそこでも姿と全くあっていない。

それに比べ、後妻に入った女性の娘は片親が平民出身ながらも、愛らしく美しい顔だちをしていて、これではどちらが正当な貴族の血を引いているかわからないなとリーシャは社交界で嘲笑されていた。

そんなある日、リーシャに結婚の話がもたらされる。
相手は、イケメン堅物仕事人間のリンドベルド公爵。
かの公爵は結婚したくはないが、周囲からの結婚の打診がうるさく、そして令嬢に付きまとわれるのが面倒で、仕事に口をはさまず、お互いの私生活にも口を出さない、仮面夫婦になってくれるような令嬢を探していた。

そして、リンドベルド公爵に興味を示さないリーシャが選ばれた。

リーシャは結婚に際して一つの条件を提示する。
それは、三食昼寝付きなおかつ最低限の生活を提供してくれるのならば、結婚しますと。

実はリーシャは仕事を放棄して遊びまわる父親の仕事と義理の母親の仕事を兼任した結果、常に忙しく寝不足続きだったのだ。

この忙しさから解放される! なんて素晴らしい! 涙しながら結婚する。

※設定はゆるめです。
※7/9、11:ジャンル別異世界恋愛日間1位、日間総合1位、7/12:週間総合1位、7/19:月間総合2位。ブックマーク、評価ありがとうございます。
※書籍化企画進行中です。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

183,586

評価pt

83,838

最終更新日

2021年07月25日 11時00分

掲載日

2021年06月27日 18時43分

この作家の更新小説