王女カトレアは、想い人が主導する革命によって家族全員が殺されたと知り、彼の前で呪詛を叫びながら自害する。
そうして、王女だった頃そのままの容姿で生まれ変わって数年。革命軍の参謀だったリューリに養子として引き取られたことで復讐を決意する。
七歳のカトレアは、前世での想い人、現在は国王の座に君臨しているギルディオとついに再会を果たし……たのに、なぜか大号泣されています。ちなみに養父もものすごい変態へと劇的進化を遂げているのですが、これってなぜでしょうか……

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

98,991

評価pt

772

最終更新日

2021年08月01日 20時00分

掲載日

2021年07月08日 20時07分

この作家の更新小説