【書籍化】異世界の大帝国に迷い込んだ籐子は、下級女官として小さな霊廟を管理することになる。霊廟で働きつつ町で言葉を学ぶ彼女は、翼のある虎を助けたのをきっかけに、虎の主人で霊廟に埋葬されている先帝の幽霊に気に入られてしまった。「さっさと死んで私の妾になれ」「嫌です!」冗談(?)を交わしつつ互いに踏み込まないまま、籐子は先帝の無聊を慰め、先帝は籐子の疲れた心を癒していく。しかし、二人の穏やかな日々はやがて……
※2018年2月、Jパブリッシングさんのフェアリーキスピュアから『墓守OLは先帝陛下のお側に侍る』として刊行しました。詳しくは活動報告にて。web版は最初に掲載したものの改稿版、書籍はさらに全体的に改稿しました。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

162,435

評価pt

16,445

最終更新日

2017年12月19日 20時13分

掲載日

2012年10月02日 13時11分

この作家の更新小説