生前、心残りがあるまま生を終えてしまった者の前にだけ現れる居酒屋があるというーー。

「おれ、死んだのか……」

 死した者が等しく皆訪れる、あの世。
 そして、あの世へ行くために通る三途の川。
 川を渡ると、いつの間にか立呑居酒屋があった。

「いらっしゃいませ。ここは、心残りがある者が訪れる黄り泉ち酒場。あなたがもう一度食べたいものを、ご提供いたします」
 

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

文芸

作家

弦景真朱

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

16,123

評価pt

0

最終更新日

2021年08月04日 15時48分

掲載日

2021年07月11日 00時37分

この作家の更新小説