「クリスティーナ嬢、申し訳ないが今回の君との婚約の話は無かった事にさせて欲しい」

──あぁ。また、ダメだったわ。
伯爵令嬢、クリスティーナは今日も婚約の打診を申し込んでいた男性にお断りされてしまっていた。
何とこれで3人目!

揃いも揃って口にするお断り理由が、
眼鏡、眼鏡、眼鏡……
ど近眼のクリスティーナには、この顔がよく分からなくなるほどの分厚い眼鏡が手放せないと言うのに。
これがダメなのだと言う。


そもそも最初の婚約者にも眼鏡が理由で逃げられた。


──こんな眼鏡令嬢でも良いと言ってくれる人はいないかしら?


新たな婚約者探しに難航し、半ば諦めかけていた頃、
クリスティーナは、王宮主催の舞踏会に参加する。
当日、不慮の事故で眼鏡を壊してしまい、仕方なくボンヤリした視界で過ごした舞踏会の後、
何故かクリスティーナは第3王子、アーネスト殿下に呼び出され求婚されてしまい……

──何で!?どうしてこうなったの!?



リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

Rohdea

キーワード
ブックマーク登録

2,373

文字数

47,019

評価pt

451,014

最終更新日

2021年07月29日 11時00分

掲載日

2021年07月15日 10時17分

この作家の更新小説