作品情報更新していきます。
フォローよろしくお願いします。
https://mobile.twitter.com/yanutaki

「あらすじ」
 一度目の人生は生まれつき病気で、一度も病院の外に出ることは出来ないまま14歳でこの世を去ることになった。
 そんな私は、生前、ベッドの上で恋愛小説を読むことだけが唯一の趣味だった。
 そして二度目の人生で私が転生したのは、生前大好きだった恋愛小説の世界であった。
 その世界で、私が転生したのはレティシアと言う名の公爵令嬢だったのだけれど、レティシアはその恋愛小説の中では、絶世の美女だけれど、とにかくわがままかつ傲慢な性格で、ヒロインにひたすら意地悪をする悪役令嬢だった。
 さらにレティシアは恋愛小説の中で、政略結婚の婚約相手である王太子とヒロインが恋仲になったことから、嫉妬に狂いヒロインを殺害しようとした結果、17歳で処刑され命を落とすという結幕を迎える。

(ああ神様...せっかく生まれ変わったのにどうして私は結局また若くして死ぬ運命なのでしょうか)

 そして3歳のある日、高熱を出して病床に伏せている時、薄れる意識の中で前世の記憶を取り戻した私(朧げにしか思い出せなかったけど)は、その事実に気が付くのだが、前世を病棟で過ごした私に、悪役令嬢として振る舞う度胸があるわけもなく、それよりも生前出来なかったあらゆることができる喜びを噛み締め、この幸せ一つ一つを失うことがないよう、悪役令嬢としての役割を放棄して、二度目の人生を穏便に謳歌することを誓った。

 しかし穏便に生きるために、あらゆる努力を尽くし、自分に厳しく生活してきた私の前に何故か天敵のはずの王子が現れ、何やら私を甘やかしてくるのであった。


注)下手な文章で読みにくい部分が多々あると思いますが、暖かい目で支えていただけると幸いです。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

77,399

評価pt

474

最終更新日

2021年08月13日 18時51分

掲載日

2021年07月15日 11時07分

この作家の更新小説