「それ、辛いやつですよ。何か間違ってませんか?」思い返したらずいぶん間抜けな言葉だ。「タバスコは辛いものですね。間違っていませんよ」彼女の返事も、思い返せばやっぱり間抜けだった。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

瘴気領域

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

2,034

評価pt

0

最終更新日

2021年07月22日 12時11分

掲載日

2021年07月22日 12時11分

この作家の更新小説