担任である桜宮先生は、三十歳になるまでに結婚しないといけない事情を抱えていた。しかし、三十路間際になっても、婚約者はおろか彼氏もいない。

このままでは、お見合い結婚になり、好きでもない人と結婚しなくてはいけない。
苦肉の策として、桜宮先生は、俺、瀬川湊人(せがわ・みなと)を婚約者として親に紹介する作戦に出る。

俺が結婚できる十八歳になるまでは、約十ヶ月ある。その期間に、婚約者を探すためだ。

しかし、婚約者のフリとして出向いた俺は、桜宮先生のお母さんに気に入られてしまい‥‥‥どんどん取り返しのつかないことになっていくのだった。

※小説家になろう様にて、同タイトルで投稿
※感想いただけると、嬉しいです。
※NTR展開などはないので、ご安心ください。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

ヨルノソラ

キーワード
ブックマーク登録

1,538

文字数

135,107

評価pt

527

最終更新日

2021年09月19日 07時21分

掲載日

2021年07月24日 20時02分

この作家の更新小説