死者の魂が行き着く所、冥界。
その世界を収める王、冥王がいる。
迎える死者の魂、送る死者の魂と輪廻転生の仕事の中、暇を持て余した冥王が、手にしたのは『ライトノベル』だ。
読み漁り、ついに自らも行きたくなったが……。
それすら口にするのは冥界の王として言語道断。
だが、そんな時一つの問題が飛び込む。
『魂の行方不明。人間界で起きるけいどながらの天変地異』
それを調査すると出てくる言葉【異世界】
そして、更に起きる一人の少女の転移。
それを追求し、魂や人の転移を阻止する為。
冥王は、この問題を利用し行ってみたかった【異世界】で冒険を試みるがドタバタに巻き込まれてしまう。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

218,617

評価pt

28

最終更新日

2021年09月27日 18時14分

掲載日

2021年07月20日 10時08分

この作家の更新小説