「魔王ディルメルガ・・・お前と平和協定を結びたい。」

 2000年以上もの長きの間、人間を始めとした陽の者達と魔族を中心とする陰の者達の争いが続いた。『人魔戦争』と呼ばれた長きにわたる戦乱は混沌を極め、両者の文明を停滞・破壊し、憎悪のみが闊歩する世界となっていた。

 そんな中、勇者ウィルベールが歴代勇者初となる人間と魔族の平和協定『人魔共生条約』を魔王と締結。世界中が賛否両論で別れるが、時が経つにつれて両種族の間で文化・学問・産業の交流が活発になり、争いは他の時代と比較できない程に減少した。人々は勇者ウィルベールを筆頭とした『八英雄』のこの行動を褒めたたえた。

 それから45年の月日が経ち、年老いた勇者ウィルベールは一人、静かな田舎村で静かに暮らしていた。そんな人々の記憶から彼らの勇姿・偉業が薄れ始める中___懐かしの友人が彼の元に訪れたことをきっかけに新たな『物語』が動き出した。

 過去を生きた者・未来を紡ぐ者……多種多様な種族・年代を生きる者達が紡ぐ平和と友情・愛情の物語___ここに開幕。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

黄昏詩人

キーワード
ブックマーク登録

48

文字数

193,064

評価pt

16,489

最終更新日

2021年09月04日 14時29分

掲載日

2021年07月27日 21時32分

この作家の更新小説