◯◯様? 俺、貴方の後ろに居るの。背後から忍び寄る配達人(笑)

 とある世界。荷車片手に荷物を運ぶ男あり。
 彼はこの世界のジョブ判定で、最底辺となる〈運び屋〉に選ばれ、日夜誰かに命じられ、西へ東へ、北へ南へ、カリムウェル大陸を東奔西走していたようだ。
 それは上は王家から命じられ、下は平民から押しつけられ、王城から宛先不明の場所までも、迷いに迷い、運んでいたのだった。


  §


 ここは何処?
 俺は誰?
 あ、荷物運ばなきゃ。
 宛先は? 勇者パーティー?
 荷物は・・・女の子? 姫、騎士? ひめきしぃー!?


  §


カクヨムで連載中。
https://kakuyomu.jp/works/16816700426229942997

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

61,886

評価pt

2

最終更新日

2021年07月30日 23時35分

掲載日

2021年07月30日 08時15分

この作家の更新小説