男爵家の長男であるアレン・アルステインは15歳の誕生日に「努力をしても結果が伴わない無能だから」という理由で実家を追放されてしまう。
手切れ金すら渡されずに追い出されたアレンは、ロミオというAランク冒険者から不思議な木の実を受け取る。実はこの木の実は「前世の記憶」と「この世界の莫大な知識」更には「能力向上」を与えてくれる代わりに、「常識」を失ってしまう代償があった。
手にした莫大な知識の中には「正しい修行方法」も含まれており、現代知識による意味のある苦しい自主練に耐えた結果、アレンは世界最強の極地に達する。
「これならあの王立魔法学院にも合格できるかもしれないな」
こうしてアレンは魔法学院に入学したのだが、魔法学院は「庶民」になってしまったアレンに厳しく——。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

73,973

評価pt

10,928

最終更新日

2021年10月07日 19時17分

掲載日

2021年08月01日 10時57分

この作家の更新小説