タグ「超絶怒涛の短編」小説 一覧

  • 命の本棚 卯月 叶天

     僕の友人の家には、大きな本棚があった。 しかし、その本棚に置いてある本はほんの少しだった。 どうしてこんなに少ないのだろうか。正直、もったいない。☆こんにちは。卯月です。二作品目を投稿させていただ...