作品ジャンル:

ファンタジー / 文芸

作品数:

6

総文字数

52,818

総話数

47

最終更新日

2020年06月26日 18時19分

作品投稿開始日

2020年01月14日 22時10分

この作家の更新小説

  • 守神と怪異の月 如月雪人

    守神。死んでしまった人間が神様によって現代に送られ、人間達を怪異などから守る仕事を与えられた者達の事である。月沢冷青は見習いの守神。守神である白鷺秋飛の元で相棒として日々過ごしている。これはそんな...

  • 殺人鬼と夜の星空 如月雪人

    ごく普通の高校生、漣零夜が暮らす街には"殺人鬼"が出る。殺人鬼達は、無差別に人を殺して回っている。彼らは人間ではない。ただ、殺人鬼達は皆悲しい過去を持っている。そんな殺人鬼の一人、桐谷ユズルは漣零...

  • スノウ・ムーン 如月雪人

    ーーおめでとうございます、貴方はゲームに参加していただく事ができますーー俺とあいつに届いた一通の手紙。それが死のゲームの始まりだった。 ある日、黒山北斗《くろやまほくと》は差出人不明の一通の手紙を...

  • 死を告げる者 如月雪人

    「死にたいのか?楽にしてやる」死神であるクロウは、今日も人間界を歩く。人間から魂を狩るために。

  • 成就屋の神様 如月雪人

    ——どうしても叶えたい願いがある時は、成就屋という店に行くと良い。そこには神様がいて、何でも願い事を叶えてくれる——そんな噂が街で囁かれている中、今日も、成就屋に足を踏み入れる者がいた。

  • 殺し屋兎と灰色の鷹 如月雪人

    ある会社で働く2人には、秘密があった。それは、人殺しを引き受ける『殺し屋』をしていると言うこと。